大韓民国歴史博物館

主題別

home > 資料寄贈 > 所蔵資料 > 主題別

韓国科学技術研究所の広報用の皿 : 韓国科学技術研究所の広報用の皿 을 보여줍니다.
韓国科学技術研究所の広報用の皿

  • 識別番号 2014004887
    名称/異名称 韓国科学技術研究所の広報用の皿
    分類体系 教育科学 >> 科学
    原本形態 生活物品/その他
    時代情報/時期区分 / 1960年代
    サイズ

    [詳細情報]

    詳細情報: 詳細情報을 보여줍니다.
    韓国の科学技術研究は、1966年に韓国初の総合科学研究機関である「韓国科学技術研究所(KIST、Korea Institute of Science and Technology)」が設立されてから、その基礎を固めることができた。1960年代は、本格的に産業化の推進を始めた時期で、国内の産業技術レベルを向上させ、経済発展のための先進技術の導入と研究の拡大を実現することが、何よりも急を要する時期であった。 1965年の韓米首脳会談で、米国のジョンソン(Lyndon B. Johnson)大統領は、韓国での研究所の設立を支援すると約束し、それに関する共同声明を発表した。この合意によって、1966年2月10日に、ソウルの洪陵に財団法人の形で、韓国科学技術研究所が設立され、崔亨燮が初代所長に任命された。研究所棟は、3年の工事期間を経て1969年に竣工された。政府は「韓国科学技術研究所育成法」に基づき支援を行い、朴正熙大統領は百万ウォンの出捐金を出して科学技術研究を後援した。国策研究機関であった韓国科学技術研究所は、海外の優れた人材を誘致し、科学技術の発展をリードすることにより、1960年代以降の韓国重工業産業と技術産業の成長において牽引車の役割を果たした。その後、1981年に「韓国科学院(KAIS)」と統合して、「韓国科学技術院(KAIST、Korea Advanced Institute of Science and Technology) 」として改編された。 韓国科学技術研究所の広報用の皿は、2つの円の真ん中に研究所の全景を浮き彫りにし、配置したものである。外側の円の上には「韓国科学技術研究所」がハングルで明記され、下には英語で研究所名が刻まれている。その間の左右2ヵ所には研究所の紋章が描かれている。
    1966年に設立された韓国初の総合科学研究機関である「韓国科学技術研究所(KIST)」の広報用の皿である。
    韓国科学技術研究所、KIST、KAIST、朴正熙、崔亨燮、米国のジョンソン大統領
    移転/次: 移転/次을 보여줍니다.

    リスト