大韓民国歴史博物館

常設展示

home > 展示 > 常設展示 > 第1展示室

第1展示室 大韓民国の胎動(1876年~1945年)

第1展示室は開港から光復までご紹介する<大韓民国の胎動>展示室です。

第1展示室の入り口では、プロローグ映像をご覧頂けます。宇宙から地球を、そして衛星から眺めた韓半島の姿が、
心臓の拍動のように力強く光輝いています。
韓国の愛国歌とよばれる国歌を背景に白頭山と独島をはじめとする、東西南北の韓国の領土の境界を映し出します。
最後に真ん中の半球が太極旗に変化する映像が映し出されます。
大韓民国の象徴である愛国歌とよばれる国歌と太極旗を描き、大韓民国の領土を理解するコーナーとして準備しました。

  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    19世紀、朝鮮沿海に西洋の異様船が頻繁に現われ通商を要求しましたが、朝鮮政府はこれを拒否しました。しかし、1876年に日本と朝日修好条規を締結し開港しました。この条約は日本人の治外法権など、日本の要求を受け入れた不平等条約でした。その後、イギリス、ドイツ、ロシア、フランス等とも条約を締結しました。開港後、朝鮮は西欧の文物を受容し、開化政策を推進しました。門戸開放の結果、新しい生活文化が導入されました。政府と西洋の宣教師たちによって建てられたキリスト教系学校では近代学問の教育が行われると同時に、西洋式建築、電気、電話、電信、交通インフラ、郵便制度、金融制度などが導入されました。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    政府高官と知識人は、外国勢力の依存から脱却すべく、独立門と独立公園の建設を創立事業とし、独立協会を創設しました。日本によって閔妃(明成皇后)が殺害される事件(乙未事変)後、高宗はロシア公使館に身を隠し(俄館播遷)、親露派政権が成立しました。朝鮮の自主独立と高宗の還宮への要請が強まると、高宗は1年余りで還宮し、皇帝に即位して大韓帝国の樹立を宣布しました。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    韓国に残る最も古い太極旗であるデニー太極旗を中心に、右上段には金九の署名が入った太極旗、右側下段には光復軍の太極旗など、韓国の歴史において重要な太極旗を一堂に展示しています。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    この資料は、安重根(アン·ジュングン)義士が伊藤博文を射殺した後の旅順監獄投獄中、検察官の安岡に贈った親筆遺墨です。安重根記念館に所蔵されていましたが、現在は当館で管理しています。この親筆遺墨は、宝物第569号に指定されています。
    日露戦争後、イギリス、アメリカ、ロシアなど列強の韓国に対する支配権の承認を受け、日本は1905年に韓国の外交権を剥奪した乙巳条約を強制的に締結しました(第2次日韓協約)。張志淵(チャン·ジヨン)は皇城新聞に社説「是日也放声大哭(この日声をあげ大いに泣く)」を載せ糾弾しました。閔泳煥(ミン·ヨンファン)と趙秉世(チョ·ビョンセ)はこれに抗議して自決しました。韓国が日本に外交権を剥奪された上、内政に干渉する情勢になるや国権を守る力を育てるべく啓蒙運動が起こり、義兵が蜂起しました。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    日帝強占期の弾圧·収奪された苦難の歴史を、狭く低い通路に障害物や枕木で苦難の歴史を表現した空間です。日帝強占期に言葉と文字、氏名を奪われ、徴兵、徴用、慰安婦として連行された苦難と逆境の歴史を実物資料を通じご覧頂けます。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    三・一運動のコーナーでは、三・一独立運動宣言書の中心思想をインタラクティブムービングテキスト技法を使って、分かりやすく説明しました。宣言書に込められた平等、共存、独立、自由、平和などの重要な価値が理解しやすくなっています。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    ここでは、大韓民国臨時政府の移動経路と、韓国国内における民族運動と海外における独立運動を、実物資料と映像を通じてご確認頂けます。
    『写真で見る昨日と今日』映像室は、光復以前の写真と同じ場所で撮影された現在の写真を比較し、歴史の臨場感を出しています。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    「8・15光復」では、独立のために犠牲になった殉国烈士の写真で数字の「8・15」のモザイクを作りました。写真でご紹介できなかった人物は映像を通じ、ご覧いただけます。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    8・15光復の映像は、解放までの過程を収めたドキュメンタリー映像です。ふたつのスクリーンを重ね作られたツーレイヤー特殊映像スクリーンを採用し、立体感と臨場感を出しています。
  • Please refer to the image below Select
    Please refer to the image below
    光復を迎えたものの、自由陣営と共産陣営との冷戦の狭間で、韓半島は38度線を境界線にして分断されてしまいます。38度線を前面の立て札と床に書かれた線で演出しました。右側には南朝鮮での戦況の展開が、左側には北朝鮮での戦況の展開が、写真と実物資料で展示されています。